勝亦大使のUNESCO「偉大なるシルクロードの重要性」大臣級会合への出席(2018年12月6日)

2018年12月6日,勝亦大使はトルクメニスタン政府とUNESCOの共催で実施されたUNESCO「偉大なるシルクロードの重要性」大臣級会合に出席しました。本会合は,シルクロードにおける文化遺産の保護・保全に関する関係国の取り組みや協力に関し意見交換を行うものであり,勝亦大使からは,ユネスコ文化遺産保存信託基金を通じた中央アジアにおけるシルクロード世界遺産推薦ドキュメンテーション支援等,我が国よる文化遺産保護に向けた取り組みについて紹介しました。

 

また,これに先立つ12月4日に行われた,中央アジアにおけるシルクロード遺産の支援に関するUNESCO専門家会合(第5回調整委員会会合)のオープニングにおいて,当館近藤参事官はドナー代表として挨拶しました。
 

【関連記事】

 

(トルクメニスタン外務省HP)

THE PLENARY SESSION OF THE UNESCO INTERNATIONAL MINISTERIAL CONFERENCE WAS HELD

https://www.mfa.gov.tm/en/news/1134

 

THE FIFTH COORDINATION COMMITTEE MEETING ON THE ON THE SERIAL NOMINATION OF THE WORLD HERITAGE OF THE SILK ROAD ON THE UNESCO WORLD HERITAGE LIST BEGAN ITS WORK

https://www.mfa.gov.tm/en/news/1129